« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年1月

2022年1月30日 (日)

部屋はトレインビュー (ポルトガル・PORUGAL)

Pict0249Pict1028_20220129193501

1996年にポルトガルを訪問した時のこと、リスボンで泊まったホテルで問題が起きました。

チェックインの時に線路の見える部屋をリクエストしたのです、予約した部屋より安くて狭い部屋だから駄目だというのです。結局は希望通りに線路の見える部屋になったのですが料金は返さないよとのことでした。私にしてみれば料金より眺め優先!4日間十分眺めを楽しみました。写真の右端が最寄駅でした。

最寄り駅の写真を次のアドレスでアップしています。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/portugal-6a28.html

 

2022年1月28日 (金)

たったこれだけ! (ドイツ・GERMANY)

Dscf1841

VSOEがDRESDEN]に入るとわかって急遽スイスから寝台列車でかけつけました、

到着して時間になってもホームはひっそりとしたもの、「鉄」らしき人はほんの数人。

この時のお客様への見送り光景は次のアドレスでアップしています。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/post-a914.html

2022年1月26日 (水)

続行運転 (チェコ・CZECH)

Pict2551

1994年5月にチェコ・モラビアの鉱山のSLを3人でチャーター運転したときの1枚。カマは2台でこの撮影時には続行運転。

この後は重連と組み替えての運転。楽しい一日でした。

撮影後は関係者一同でのパーティ。

Pict2603 Pict2604 Pict2608

費用負担は全部で一人80DMでした。

重連運転は次のアドレスでアップしています。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2020/08/post-5776be.html

 

 

 

 

重連

2022年1月24日 (月)

なりは小さくても (チェコ・CZECH)

Pict2224

ナローのDLの運転台です。1994.04撮影。

なりは小さくても運転台の機器は一人前、当たり前か。

外観は次のアドレスでアップしています。

 

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2019/05/post-eb6255.html

2022年1月22日 (土)

一枚欲しかった (チェコ・CZECH)

Pict2179

1994.05にPraha Hlで見かけたサボ。1枚ぐらい欲しかった。重たいし、ちょっとポケットにというサイズではないので内緒で持ってくることはできません。

実際使われているシーンは次のアドレスでアップしています。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-77a4.html

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2018/05/czech-c9f3.html

 

2022年1月20日 (木)

隠れていた (チェコ・CZECH)

Dsc_6834Dsc_6832

 

重いタンク車ばかりの貨物列車を子のDLが単機で牽引なんて思っていたら最後尾にエレキがしっかり後押ししていました。
目的地の駅まではあと1つ。がんばってと思わず声をかけたくなりました。

現役で動いているヨ太郎のまえにかすかに見えるのがいわば本務のFDL.

思いもかけず候補機が連結されていた列車は次のアドレスでアップしています。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2019/07/post-a440cd.html

2022年1月17日 (月)

ひと時の賑わい (チェコ・CZECH)

Dsc_7027Dsc_7033

ドイツとの国境に近い駅です。ミュンヘンからプラハに向かう列車とその逆方向がこの駅ですれ違います。

普段は右側の写真のよう駅構内は広いけどにまことに寂しい駅。

2022年1月15日 (土)

これは助かる? (オランダ・NETHERLANDS)

Pict0130

AMSTERDAM CS のECの行き先表示には列車の愛称名が表示されていました。写真はInnsbruck Hbf行きのErasmusです。

Prahaの表示は次のアドレスでアップしています

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/czech-2564.html

2022年1月13日 (木)

もっと勉強しておけばよかった (チェコ・CZECH)

Dsc_7049

太陽は東から出て西に沈む、当たり前ですね。

ところがどっこい、例外に近い例があります。夏至のころの太陽はかなり変わります。

撮影した写真は17時ころで順光です。線路はほぼ東西方向です。撮影位置は線路の北側です。ということは太陽は東西を結ぶラインより北側にあるということになります。

いくら勉強しても現地に行ってみなければわからない。ああ、考えるとまたしても夜は眠れない。

2022年1月12日 (水)

再会できるかな (チェコ・CZECH)

Dsc_6915

ネットのニュースによるとCZ-CDに新形式の客車が導入されたとのこと。一部、写真の路線で置き換えがはじまったと。

写真はPraha発Plzen行きのR。5両編成で機関車+1等車(1,2等の場合もあり)+身障者用の設備の車両+2等車3両が基本になっています。

コロナが治まって彼の地に行ける時となくなる時期とどっちが早いかな?

同じR列車は次のアドレスでアップしています。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/rczech-58d9.html

2022年1月11日 (火)

懐かしい一コマ (ドイツ・GERMANY)

Pict0080

撮影場所はKoeln Hbf のそば。バックには大聖堂の一部がああ映り込んでいます。

機関車はベルギー、客車フランスの組み合わせ。撮影したのは1979年8月、懐かしい一コマです。

同じような組み合わせの列車を駅の反対側で撮影しています。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-99db.html

2022年1月 7日 (金)

少々お待ちください(オランダ・NETHERLANDS)

Pict0193i

お行儀よく順番待ちです。この先で線路が通行止めをしているからしかたありません。

船が通行可能になったシーンは次のアドレスでアップしています。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/netherlands-323.html

 

2022年1月 5日 (水)

修繕それとも解体待ち? (チェコ・CZECH)

Dsc_6570

BRECLAV駅から見られる眺め。いつ行っても修繕待ちなのか、解体待ちなのかわからない車両が結構たくさん留置されています。

2019年までは毎年見ていましたが留置車両に変化がありましたから何らかのが動きがあったものと思います。

別な駅での似たような光景は次のアドレスでアップしています。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-a0ec0b.html

2022年1月 3日 (月)

これは何だ? (南アフリカ・SOUTHAFRICA)

Img01949

画面左上のパイプは何だろうと思いました。撮影するうえで邪魔でしょうがない。

そのうち、作業員がやってきてわかり!炭水車に水を供給するための設備と理解できました。

カマの留置線と直角に配置されていますから、位置をそろえればどこの線路でも給水可能。

ある意味合理的。

2022年1月 1日 (土)

S L最高 (ドイツ・GERMANY)

Dsc_0503

DRESDEN近郊で撮影のナローのSLです。

新年おめでとうございます。今年もいつ工場入場を宣言されるかわかりませんができるだけアップしていきます。

それにしても早く「コロナ」が治まってくれれば思う年の初めです。

この列車編成の全体像は次のアドレスでアップしています。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/autogermany-bbf.html

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

最近のトラックバック

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ