« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月

2021年11月30日 (火)

ここまでやるか? (韓国・KOREA)

P1060096P1060098

冬のソナタ(古すぎるか)で有名になった春川行きの「青春号」のロングシートです。

日本だったらここに、ここまで模様を入れることはしないだろうな。まさに韓国的。

春川駅に入線してくる車両の外観を次のアドレスでアップしています。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/korea-417a.html

ドイツのローカル列車の座席は実用的で控えめに

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-64b8.html

 

2021年11月28日 (日)

大当たり(ハンガリー・HUNGARY))

Dsc_6546

Budapest K 近くの私のお気に入りの駅です。ハンガリーへ行けば必ず立ち寄る場所です。いわれなければ誰も駅どりだなんて気が付きません。

この日もWienに宿泊していて天気を予想して「よし、明日のBudapestは晴れだ」と確信して出かけて大正解。

午前中が順光になります。年々編成が短くなっていくのが残念です。

駅である証拠は次のアドレスでアップしている写真をご覧ください。列車待ちのお二人です。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2019/03//post.html

2021年11月26日 (金)

ZSの食堂車 (セルビア・SERBIAY)

Dsc_5382

2011年7月にBudapest K  での撮影、EC345 Avala(プラハ-ベオグラ-ド)に連結されていました。ちょっと変わった塗色なので大いに目立ちます。

詳しいことはRM MODELSのNo219,2013.11月号に記載された居ます。お持ちでしたらご覧になってください。

塗装違いのセルビアの食堂車を次のアドレスでアップしています。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post.html

2021年11月24日 (水)

探したよ (ドイツ・GERMANY)

Dscf3684

乗車する車両の番号を探していたら上のほうにありました。しかも1等の等級帯に上書きで。

Frankfurt Flughafenにて撮影。

搭乗時刻まで時間があったのでお散歩に数駅乗車してみました。ところが、すぐに切符のチェック、ユーレイルパスの有効期間内だから問題なし。切符はきちんと買いましょう!

行った先での写真を次のアドレスでアップしています。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/germany-c9d6.html

 

2021年11月22日 (月)

儲かった (ハンガリー・HUNGARY)

Dsc_5368Dsc_5369

この写真を撮影した当時この車両はBudapest Keleti で2時間置換近くも停車というのんびりしたものでした。

しかしながら,入れ替え等でじっとしていないから撮影には追掛けるのが大変でした。

緑色のRZDの車両としてはきれい。この後でRZDの客車にお目にかかった時は塗色の変更が行われてしまいました。

新しい塗色は次のアドレスでアップしています。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/russia-c357.html

車内を覗いてみたいと思ってもいつも太ったロシア美人が頑張ってい居るので見たことがありません。

2021年11月20日 (土)

たまには気分を変えて (ドイツ・GERMANY)

Dsc_4648

DresdenにVSOEが来るというのでZuerichから夜行寝台に乗車してわざわざ撮影に寄り道。いつもながらきれいな車体です。

到着してお客様を見送る乗務員を次のアドレスでアップしています。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/post-a914.html

回送の発車時は次のアドレスでアップしています。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/post-b070.html

 

 

 

 

2021年11月18日 (木)

さすが美人!アップにも耐えられる (東ドイツ・DDR)

Pict0198

何も言うことなし!!この角度からでも美人は美人!! 

ザールフエルトにて撮影。

ザールフエルトでの蒸機は次のアドレスでもアップしています。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2020/08/post-b0a39c.html

 

 

2021年11月16日 (火)

饋電区分 (ドイツ・GERMANY)

Dsc_4967

Muenchen Hbf の屋根の途切れるあたりにありました。詳しいメカのことはわかりませんが日本のもよく似ているなと思いました。

以前東海道新幹線の東京駅品川方にありましたが現在はどうなっていることやら?

何しろ、新幹線に乗るよりもRailjetやICEに乗ることが多い時を過ごしてきたものですから。

 

2021年11月14日 (日)

残った,残った(ドイツ・GERMANY)

Dsc_7207

電化工事完了でどうなるか心配していましたがこの列車は残ったようです。

Immenstadt駅のゴールデンタイム 218型が3両(時として4両)そろうタイミングも残ったようです。

最近FACEBOOKの写真でこの路線を多く見かけるようになりましたからドイツの皆さんも非電化、複線のこの路線に関心が集まっているようです。

ゴールデンタイムの写真は次のアドレスでアップしています。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/germany-993b.html

2021年11月12日 (金)

合図はきっちりと (チェコ・CZECH)

Dsc_0163

工事のために開扉しているのが一番前の運転台のそばのドアだけ。

車掌が目の前で出発OKの合図を規定通りに手を挙げています。それこそ日本みたいに「何列車発車」と普通に言えば聞こえる距離なのに。

工事の列車は次のアドレスでアップしています。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2020/08/post-e14c44.html

2021年11月10日 (水)

長い貨物もはいります (チェコ・CZECH)

Dsc_0207

Praha近郊のお気に入りの駅。長い貨物もご覧の通り。長い直線区間だから当たり前か!

ここはいろいろな種類の列車が通過していくのがいいところ。通過列車にはご注意を。

レンズを変えれば次の通り。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2020/07/post-cdb4b6.html

2021年11月 8日 (月)

静かな山の中 (ドイツ・GERMANY)

Dsc_0249

ZittauはSLの同時発車ばかりが有名ですが、山を下りてくる列車の鐘の音も捨てがたいものがあります。

ドラフトの音はなく風の音の合間に遠くから鐘の音。

山を下りてくる列車は次のアドレスでもアップしています。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/germany-a9d9.html

2021年11月 6日 (土)

基本編成 (チェコ・CZECH)

Dsc_0202

これがMETROPOLITANの基本。

Praha方から機関車+1等車+食堂車+リフト付きの2等車(Bbdgmee236)+2等車+・・・・ となっています。

2等車はしばしば両数の増減があります。

リフト付き2等車は次のアドレスでアップしています。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2019/04//post-cb68cf.html

METROPOLITANは次のアドレスでアップしています。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/post-9.html

2021年11月 4日 (木)

閉塞無視!続行運転 (東ドイツ・DDR)

Pict0378

1980年8月、かの有名なモ-リに乗車してBad Doveranに戻るときのことです。交換可能な途中駅で交換待ちをしている時のこと、今来たほうからなにやらあやしげな警笛の音。なんと、作業用の車両が追いかけてきていたのです。閉塞も何もあったもんじゃありません。臨機応変にとはいえ、恐れ入りました!

最初にモーリ-を当ブログにアップしたのは次のアドレスです。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-5e64.html

2021年11月 2日 (火)

エレキだ (東ドイツ・DDR)

Pict0052

19、79年8月初めての訪問の時、列車に乗っていてどこから電化区間になるのか大いに関心がありました。

何しろ、情報の少ない国でしたから事前の下調べとあっているのかどうか不安でした。東西ドイツ国境付近はほとんどが非電化でした。エレキが予定通り(?)現れてくれてほっと一息。

この駅で見かけたカマを次のアドレスでアップしています。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/ddr-1a50.html

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

最近のトラックバック

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ