« ドイツ撮影旅行-3 | トップページ | ドイツ撮影旅行-5 »

2021年10月15日 (金)

ドイツ撮影旅行-4

10月12日(土)雨-曇-時々晴れ‐曇り
713 EC196(10-90 267-8)SBB編成でKemptenへ。発車番線21から17へ変更。食堂車は1人乗務で発車してもテ-ブルクロスをかける            作業中。途中沿線には雪が積もっていた。Kemptenで下車。目的のImmenstadtは通過なので後から来るREに乗り換え。Kemptenから                      の山越えは完全に積雪が残っている。峠を越えると雪は消える。
  Dsc_6918

目的はImmenstadt駅でのICの同時に2本並びの撮影。

   同駅での連結解放の手順は次の通り(注)。
① Muenchen方面への列車の連結解放はOberstdorfからの列車が元OeBB(SVG所属の2143 18)のDL牽引で到着、そのまま引き上げて         Lindauからの編成の後部に連結。OeBB(SVG所属の2143 18)のカマを残して発車。

 

Dsc_6963
(ALEX専用で動いていたSVG)
② Muenchen方面からの列車はKemptenから到着、分割面の連結器のみ解放し、牽引機はLindau方面にそのまま発車。Obertsdorf行きは引き 上げていたSVGのカマがバックして残された編成に連結。発車。
 Ulm方面に行くObertsdorfから単機牽引で来るIC2014は乗車してきたREの続行で単機回送してきたカマを重連前にして発車。重連総括制御。(注)
  駅のレストランでビールとハンバーガー€6.20。
  同じ道を戻るのはつまらないのでULMへ出ることにする。
1317 REに乗車(612 150-2)。 
  ULMからは遅れのIC2261、(18-90 356-8)でMuenchenへ、Augsburg Hbfで運転打ち切り、2番線着、地下道をとおって隣ホームの後      続のICE595、 100分遅れ、(801-5)に乗り換えさせられる。

Pa120291

同室になったドイツ人に「普段はこんなに遅れないけど今日は迷惑をかけて申し訳ない」と謝られる。かえってこちらが恐縮してしまう。
(注)その後毎年確認しているがICの連結機関車は日によって単機だったり重連だったり、回送がLindau方向から現れたりして一定ではない。

 

« ドイツ撮影旅行-3 | トップページ | ドイツ撮影旅行-5 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ドイツ撮影旅行-3 | トップページ | ドイツ撮影旅行-5 »

最近のトラックバック

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ