« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »

2021年9月

2021年9月29日 (水)

301系? (韓国・KOREA)

 

Pict0179

地下鉄向けだから当然正面のスタイルは決まってきますね。なんたって日本製。

 

1991年1月16日撮影

KORAILの地下鉄乗り入れ車両は次のアドレスでアップしています。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-9.html

2021年9月27日 (月)

兵どもが夢のあと (東ドイツ・DDR)

Dsc_4815Image871303

草ぼうぼうの写真は2010年7月の撮影。同じ場所での052 8016-5は1987年8月8日の撮影。

昔の面影は全然なし。ただ高い電柱らしきものが認められtだけ。

この貨物をZITTAUまでトラビで追いかけました。

2021年9月25日 (土)

助かるなあ‼ (チェコ・CZECH)

Dscn3861_20210904202801Dscn3863_20210904202901Dscn3864_20210904202901

BerounからPlzen Hbfに到着したローカル列車。

この運転台付き客車には列車番号まで大きく、はっきりと表示してくれています。Os7834列車とわかります。なるべく、乗車列車番号、乗車車両記号番号を記録している身には助かります。

右側は車内の様子です。

番号違いの車両の内装は次のアドレスでアップしています。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/czech-3579.html

この列車に関して一言。以前PP編成になる前は機関車+客車3両でした。それでも車内は空いていたものです。この制御客車ができて従来の客車を置き換えるのではなくて1両増結の形で機関車+客車4両となっていました。どこぞの国ならば1両置き換えて従来の客車3両のままにするのだろうな。毎年のように同じところで撮影しているとこんなことにも気が付きます。以前の3両編成時代の列車は次のアドレスでアップしています。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/post-7.html

2021年9月23日 (木)

DMZ (韓国・KOREA)

P1070172

DMZへの見学列車。個人的にはこの塗色は好きになれない。明るい系統の塗色が好きだ。

オーソドックスな塗装の京義線の9500型は次のアドレスでアップしています。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/korea-9bee.html

2021年9月21日 (火)

好みでは (ハンガリ-・HUNGARY)

Dscf2198

V43の3000番台の新塗装機です。このタイプはPPの客車と一緒に運用されています。

個人的にはこの塗分けよりも従来のほうが好きです。

従来の塗分けのV43は次のアドレスでアップしています。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/post-7d21.html

2021年9月19日 (日)

尾灯は遠慮して (ハンガリー・HUNGARY)

Dscn3117_20210828201201Dscn3122

小さくて目立たないよ。

左側は連結器の上にちょこんとお座りしています。右側の客車は右側に。

尾灯との役割分担はどうなっているのだろう?

2021年9月17日 (金)

共同運行便? (チェコ・CZECH)

Dscn3832Dscn3838

PrahaとBudapestをほぼ2時間おきに結んでいたEC METROPOLITANです。CZ-CDとSK-ZSSKのいわば共同運行便。確認できた限りではMETROPOLITANの文字は1等車のみに書かれていました。

写真は1等車です。パンフレット(時刻表)と2等車は次のアドレスでアップしています。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/post-9.html

DBマークの車両は次のアドレスでアップしています。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2018/02/post-7.html

2021年9月15日 (水)

見栄貼っちゃって (東ドイツ・DDR)

Image872002

Zittau近郊で撮影したベルリンからの直通のE-Zugです。

薄汚れた車両の多い中でこのベルリン直通の車両は外観上きれいな2軸ボギ―のものが使われていました。

この近辺をウロチョロしていたローカル列車には曇りガラスかと見まごうばかりの窓ガラスの車両、そして、時として2軸、3軸の客車が使われていました。

ウロチョロしていた列車は次のアドレスでアップしています。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/ddr-db87.html

 

2021年9月13日 (月)

にっこり (台湾・TAIWAN)

Img_2438

台湾新幹線の女性乗務員。列車を下りたらそばにいたので写真を撮らせてもらいました。

日本の乗務員もこのくらいのことはできるよね!!

古い時代の在来線の乗務員の写真は次のアドレスでアップしています。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2019/05/post-c596.html

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-1.html

 

2021年9月11日 (土)

同じだ!貨車扱いだ (東ドイツ・DDR)

Pict0089

Cranzahlへ向かう途中の車窓から見つけたラッセル車。隣の貨車と比べるとかなり小型なので構内用だったのかもしれません。

写真を拡大してみていて意外なことに気が付きました。

番号から読み取るとなんと貨車扱いとなっていました。日本のキ100や550も貨車扱いなので同じだなと思った次第。

2021年9月 9日 (木)

尻切れトンボ (韓国・KOREA)

Pict0094

大田駅で捕まえた「セマウル」号の最後部です。尾灯も点灯していなくてなんとなく中途半端。

まあ、このスタイルのほうがかの国らしいか。

セマウル号用の客レの普通車オール特室(日本版グリーン車)扱いで運転されていた「ムグンファ」を次のアドレスでアップしています。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2019/05/post-bb6a.html

2021年9月 7日 (火)

メトロノーム (ドイツ・GERMANY)

_dsc2753

まだ、三セクの運転列車の少なかったころHamburg近郊で撮影しました。運転本数が少なくてキャッチするのが大変。

この時は同じ区間をDBの運行する列車も運転されていました。ユーレイルパスがメトロノームに有効かどうか心配したものですが、なんというともなくパス。

同じ場所で撮影した103の写真を次のアドレスでアップしています。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2015/12/post.html

2021年9月 5日 (日)

黄色い貨車はなんだ? (韓国・KOREA)

Pict1292

1982.08.14 の太田駅での撮影。韓国版「よたろう」です。2軸ボギ―の堂々としたものでした。

この撮影した日は15日の1日前でしたから反日運動なんて生やさしいものでなく、何しろ、日本語は絶対話すなと現地の案内してくれた人にきつく言われていました。タクシーは乗車拒否!新聞は一面の反日記事、まだ、漢字が使われていたので多少は意味が理解できました。

ただし、撮影は同行してくれた知人が職員ならば誰でも知っていると言っていいくらいのKORAILの高官でしたからフリーパス。

これを書いていて気の付いたこと、チェコのヨ太郎と造りがそっくり、出窓と言い、中央部のドアと言い。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-c11476.html

2021年9月 3日 (金)

縁起でもない (台湾・TAIWAN)

Pict1167

1981.03 台湾の羅東付近での撮影。早朝と夕方は数本の列車がC57で運行されていました。そこで、タクシーをチャーターしての夜明け前からの撮影行。

開けた場所をさがしてついたところがここ。運ちゃんがニヤニヤ笑っていました。理由を聞いたらこの画面の木が線路に覆いかぶさっているので通称「首吊りの木」と呼んでいるとのことでした。日本だったら「冠木」と言って縁起がいいんだと強弁。文化の違いでした。

CT270(C57)は次のアドレスでアップしています。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2020/05/post-a7980e.html

横から見るとこんな感じ。複線電化した今はどうなっちゃんだろうな。

Pict1226 

 

2021年9月 1日 (水)

突然の日本語で (ハンガリー・HUNGARY)

Dscn3160

Budapest Keleti 駅のレストランです。中央に舞台があり音楽の生演奏している頃のお話。

Wienにもどるのに接続の関係で時間が空いたのでちょっと休憩タイム。突然、うら若き乙女から「日本の方ですか」と声をかけられました。

聞けば、滋賀県の大津の高校に留学していた経験があって、日本語が話せるとのこと。市内に住んでいるわけではないので日本人に接することもなく、普段、話す機会がなくて忘れそうそうなのでいい機会だとおもって声をかけた,とのことでした。

当然、時間いっぱいお付き合いさせてもらった思い出の食堂です。

« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »

最近のトラックバック

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ