2021年10月15日 (金)

ドイツ撮影旅行-4

10月12日(土)雨-曇-時々晴れ‐曇り
713 EC196(10-90 267-8)SBB編成でKemptenへ。発車番線21から17へ変更。食堂車は1人乗務で発車してもテ-ブルクロスをかける            作業中。途中沿線には雪が積もっていた。Kemptenで下車。目的のImmenstadtは通過なので後から来るREに乗り換え。Kemptenから                      の山越えは完全に積雪が残っている。峠を越えると雪は消える。
  Dsc_6918

目的はImmenstadt駅でのICの同時に2本並びの撮影。

   同駅での連結解放の手順は次の通り(注)。
① Muenchen方面への列車の連結解放はOberstdorfからの列車が元OeBB(SVG所属の2143 18)のDL牽引で到着、そのまま引き上げて         Lindauからの編成の後部に連結。OeBB(SVG所属の2143 18)のカマを残して発車。

 

Dsc_6963
(ALEX専用で動いていたSVG)
② Muenchen方面からの列車はKemptenから到着、分割面の連結器のみ解放し、牽引機はLindau方面にそのまま発車。Obertsdorf行きは引き 上げていたSVGのカマがバックして残された編成に連結。発車。
 Ulm方面に行くObertsdorfから単機牽引で来るIC2014は乗車してきたREの続行で単機回送してきたカマを重連前にして発車。重連総括制御。(注)
  駅のレストランでビールとハンバーガー€6.20。
  同じ道を戻るのはつまらないのでULMへ出ることにする。
1317 REに乗車(612 150-2)。 
  ULMからは遅れのIC2261、(18-90 356-8)でMuenchenへ、Augsburg Hbfで運転打ち切り、2番線着、地下道をとおって隣ホームの後      続のICE595、 100分遅れ、(801-5)に乗り換えさせられる。

Pa120291

同室になったドイツ人に「普段はこんなに遅れないけど今日は迷惑をかけて申し訳ない」と謝られる。かえってこちらが恐縮してしまう。
(注)その後毎年確認しているがICの連結機関車は日によって単機だったり重連だったり、回送がLindau方向から現れたりして一定ではない。

 

2021年10月13日 (水)

ドイツ撮影旅行-3

10月11日(金)雨
0735 ホテル出発、小雨が降っている。
0820 ICE882に乗車、乗車車両は(801 401-1)である。コーヒーをトレイに載せて販売に来るので購入。€2.90。
   Nuernberg HbfからIC2160,(19-91 180-3)に乗り換える。
0939 定時発車
1010 AnsbachでRB58110, (440 819-1)に乗り換え。
1031 Steinach からRB58891 (648 821-6)でRothenburgへ、小雨が降っていたが予定通り駅舎や構内の撮影。当地はロマンティック街   道で有名な街だけどスルー。Dsc_4093

すぐに折り返しRB58892 に乗車、車両は同じ。 
1107 (648 321-7)でSteinachへ戻る。
1131 RB58892でWuerzburg Hbfへ向かう。
         RE4610 2階建客車編成、 4番線着とRE4612  連続窓客車編成、7番線が10A線着に変更 2本の撮影と編成調査。雨がひどいので駅の 外へは出ないことにする。
(RE4612 連続窓の客車)

Dsc_6865
1329 ICE787 10分遅れでMuenchenに戻る。発車時は13分遅れ。乗車車両は(803 132-0)、車内出前でサンドイッチとビ-ルの昼食。
1543 Muenchen Hbf到着。
1627 時間が早いのでEC219に乗車してRosenheimへ、撮影予定地の下見が目的。

Pa110217

1730 折り返しRE9034レ,(36-81 069-7)で戻り2階席から撮影適地を探す。当初の撮影予定地へは道はあるが牧草地なので不適。  Asslingは駅構内が3線で真ん中にポール等の邪魔がないので第一候補地にする。

以前(20数年も前のこと)牧草地のそばで撮影していたら農家の人に牧草の病気の菌を持ち込む可能性があるので中には入らないでくれと言われたことがありました。牧草の病原菌など初めてのことだったので今でもしっかりと忘れずにその原則を守っています。

 

2021年10月11日 (月)

2013年10月ドイツ撮影旅行-2

10月10日(木)曇りのち雨
0700 ホテルで朝食、貴重品をホテルのセフティBOXに預ける。
0720 ホテル出発
0742 RE4252 Muenchen .Hbf 発に乗車。途中、駅間で5分間停車。理由わからず。
0914 Regensburg Hbf 4番線着、乗換のVBGは3番線発、副本線上に2両編成が停車中。DCなのにシングルアームのパンが付いている。
Dsc_3938 (2両目にパンタあり)
1000 Schwandorf着。ALXの客車の形式写真の撮影。
   駅でビール(€2.90)サンドイッチ(€2.30)をとる。DB職員に仕事で撮影しているのかとの尋ねられたので趣味でと答える。           
  撮影予定地だった駅東の跨線橋は工事中通行止めで撮影不可、小雨になる。

Dsc_3953(列車が来ないと誰もいない駅)

Dsc_3978(形式写真撮影には最適)


1309 RE3558に乗車、Nuernbergへ向かう。4両編成。途中で2両増結。
    Hof方面の路線は複線、Nuernberg方面は単線である。
   DCの運転士に誘われ運転台に乗車、いったん席に戻るが、途中で、再び運転士に呼ばれて、再度運転室へ。スピードメーターを見ろと指               をさすので見ると、160㎞/hを示している。次駅の到着案内は運転席のマイクで運転士が行う。運転席のモニターは4編成分表示でき              る。2両 ユニットだから8両分の表示。Nuernberg到着時には6両になる。
1502 Nurnberg HbfからはICE625,車両番号(403 031-8)に乗車。ビールを頼む。
1605 Muenchen Hbf  到着後、匂いにつられてソーセージを買って食べる。
    夕食は日本人スタッフに聞いたイタ飯屋に行く。

 

2021年10月 9日 (土)

2013年10月9日からのドイツ撮影旅行-1

2013年10月9日~17日 ドイツ撮影旅行   
この旅行の目的は当時RMMODELSに連載していた「ヨ-ロッパ・エキスプレス」の取材のために行ったものです。

 

10月9日(水) 晴れ(日本)
0820 家を出る。
0845 もより駅からバスで出発。
1000 成田第一ターミナル到着。
   Wifiのレンタル手続き後、荷物のチェックインをすると自動的にボーディンパスが出てくるシステム、したがって自宅のパソコンでプリ   ントアウトしたボーディグパスは回収されてLH所定のものを使用。
1100 荷物検査、イミグレ通る、免税品購入。
1115 45番ゲート到着、搭乗機は LH715便 D-AIHW A340-642x 。
  Pa090025

1210 ボーディング開始、所要予定時間11時間45分、Muenchen到着予定17:35(現地時刻)。
1228 PUSH BACK
1247 滑走開始 16R
    途中の航路はヘルシンキの南、グダニスクの西方、ポズナニの西、コトブス通過
    フライトレベルは当初34000,36000,38000Feet(旧ソ連圏を出てから)と上昇。 
(ここから現地時刻)  
1700 降下開始
1707 シートベルト着用サイン、気温13度C、雨
1738 着陸 東より西へ
1744 ランプイン、停止
1810 荷物が出てくる
1824 S8で中央駅へ。ジャーマンレールパスは使わずに切符を購入 €10.4

Pa090045_20211007203401  
(空港駅)
1930 ホテルチェックイン、フロントに日本人女性がいる。落ち着いてから駅へ行って水とビールを購入、さらに匂いにつられてソーセージを購入。
ホテルはずっとGERMANIA滞在

 

2021年10月 7日 (木)

彼は今どこに (東ドイツ・DDR)

Image871402

東ドイツ在住の「鉄」の友人でした。Berlinの壁の崩壊前に家族とともに西側に逃れ、数年したら一切の音信不通。げんざいも不明。

彼の自宅近くの踏切のおばちゃんに頼んで毎年のDRの時刻表を手に入れていました。

2021年10月 5日 (火)

駅名改称 (ドイツ・GERMANY)

Pict1094

フランクフルト空港駅の隣。今は駅名が変わってしまいました。よく搭乗時間までの時間調整に出かけました。

ラウンジでビールを飲んで過ごすより最後の1枚に時を過ごしたほうが私向き。

この時間調整の写真は次のアドレスでアップしています。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/post-1.html

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2018/02/germany-fb3c.html

 

2021年10月 3日 (日)

中央線のセマウル号 (韓国・KOREA)

Pict0276

京釜線では珍しくない客レの「セマウル号」ですが、ここ、中央線では撮影当時は1日1往復のみ。

意外と緊張しての撮影でした。

ステンレスの客車の「セマウル号」は次のアドレスでもアップしています。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/korea-05d8.html

2021年10月 1日 (金)

これは何でしょう (スイス・SWITZERLAND)

Dsc_4561

Zuerich駅のポイントのトングレール部分にごちゃごちゃと電線がしがみついてます。

多分、融雪のための電熱線と想像しました。もっとも、雪より凍り付くほうが恐ろしいか。

この撮影場所は次の写真とほぼ同じところです。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/post.html

2021年9月29日 (水)

301系? (韓国・KOREA)

 

Pict0179

地下鉄向けだから当然正面のスタイルは決まってきますね。なんたって日本製。

 

1991年1月16日撮影

KORAILの地下鉄乗り入れ車両は次のアドレスでアップしています。

http://horikawamaru.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-9.html

2021年9月27日 (月)

兵どもが夢のあと (東ドイツ・DDR)

Dsc_4815Image871303

草ぼうぼうの写真は2010年7月の撮影。同じ場所での052 8016-5は1987年8月8日の撮影。

昔の面影は全然なし。ただ高い電柱らしきものが認められtだけ。

この貨物をZITTAUまでトラビで追いかけました。

«助かるなあ‼ (チェコ・CZECH)

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ